スポンサーサイト --年--月--日 スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

精錬所。 2012年05月22日 建物 トラックバック:0コメント:0

P1020453.jpg

大正時代に閉鎖され数年前まで放置されていた銅の精錬所。
アートとして復活させると知って以来ずっと行きたいと思っていた場所。


P1020455.jpg

P1020457.jpg

10人ぐらい1グループで精錬所の中へ。
直島の時も思ったけど、自分がアートの中に入って体感できるものはいいね。
暗く長い通路、金環日食のように見える部屋、なにか関わりがあるのかわからないけど三島由紀夫のあれこれ。
30分くらいだったか、あっという間だったけれど楽しかった。


P1020468.jpg

P1020463.jpg

P1020461.jpg

外に出て上がると手入れされた廃墟が目の前に広がって、下を見れば迷路のように積まれたカラミレンガ。


P1020464.jpg

P1020472.jpg

朝一番の時間はまだ掃除の真っ最中。
高齢者ばかり人口50人くらいの島の、おばちゃん達のいい小遣い稼ぎになっているみたいだ。
草を抜いて、通路の落ち葉を掃いて、挨拶すれば気持よく返してくれた。

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://takutrip.blog116.fc2.com/tb.php/545-b0ca52e5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。