スポンサーサイト --年--月--日 スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大白川露天風呂。 2011年10月04日 自然 トラックバック:0コメント:0

DSC_3121_479.jpg

県道の終点、白山の登山口にある大白川露天風呂へ。
草や木に覆われた脱衣所の建物。面白い。


DSC_3111_478.jpg

硫黄の匂いが心地良いダム湖を見渡せる温泉です。気持よかったー。
ダムの水は温泉成分の影響でこんな色だとか何とか。綺麗な緑色だ。


DSC_3119_483.jpg

源泉は90℃くらいだったか、温泉卵を作れるように入口に鍋が、冷まして飲用できるようにコップも。


DSC_3124_480.jpg

DSC_3107_484.jpg

酷い山道の終点にこんな立派なロッジがあるとは驚いた。しかもなんだかオシャレ。
ここで入浴料300円を払ったんだけど、受付の兄ちゃんが岳の最新刊読んでて笑った。


DSC_3137_482.jpg

キリッとした愛想のいい犬もいて。
半年くらい雪に閉ざされる場所とは思えない、ゆったりした場所でした。


DSC_3151_487.jpg

すぐ近くに今は無人で使われてないっぽい大白川ダムの管理施設も。
なんかとてもモダンでかっこいいんだけど。屋外階段や手摺が素敵なんだけど。


DSC_3178_489.jpg

県道を戻り帰路へ。
国道合流の手前には茅葺き藁の保管建物らしきものがあったけど、これは流石にやばくないか?


DSC_3040_467.jpg

世界遺産集落からは離れてるけど、この旧遠山家民俗館が白川村の合掌造りの中で一番好きだ。


DSC_3181_490.jpg

御母衣ダムを下と上から少し眺めてみたり。
地下にあるという発電所、見学してみたいなあ。どうなってるんだろう。


DSC_3189_491.jpg

DSC_3191_492.jpg

同じロックフィルダムの徳山ダムに比べると、岩の積み上げ方も雑に見えてしまう。
通り過ぎてしまうばかりの場所だけど、こうやってじっくり見るのもいいもんだ。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://takutrip.blog116.fc2.com/tb.php/482-f3a0ba3b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。